鼻ピアスや軟骨ピアスの魅力|可愛くクールに自分を変える

大きなピアスをした女性

選べるピアスの開け方

場所別、軟骨ピアスの呼び方。

たくさんのピアス

耳の軟骨のピアスは、穴の箇所により呼び名が異なります。 最も人気なのは、耳の外側に開ける「ヘリックス」です。 比較的定着しやすく、軟骨と言えばこのヘリックスをイメージされる方も多いでしょう。 最近おしゃれな人の間で注目されているのは、「トラガス」です。 耳珠と呼ばれる、顔に近い出っ張った軟骨に開けるピアスのことで、 ここにひとつ付けるだけで、こなれた感じがしてお勧めです。 パンクなど音楽好きの間では、二カ所のピアスホールに通す「インダストリアル」が人気です。 見た目がハードなため難易度が高そうですが、引っ掛けないように気を付けていればあまり負担はありません。 トラガスとヘリックスを両方開けたり、ヘリックスに複数開けたりなど、 組み合わせて楽しむのもお勧めです。

インターネットで手に入れよう。

軟骨用のピアスは“ボディピアス”と総称され、耳たぶに付けるタイプとは異なります。 ポスト(棒)の太さが、耳たぶ用よりも太いのです。 (さらに、ボディピアスではポストのことを“シャフト”と言います。) 軟骨の穴は耳たぶよりも塞がりやすいため、このように太めの作りになっています。 また、キャッチの部分も耳たぶ用とは違い、裏が平らになったタイプが主流です。 さらに、取れにくい構造になっています。 耳たぶ用のものも使えないことはないですが、ポストが細く取れやすいですので、 軟骨用にはボディピアスを使う方が良いでしょう。 これらのボディピアスは、インターネット販売で手に入れるのがお勧めです。 大変種類が豊富で、シャフトの太さも穴の大きさによって選べます。 ピアスホールが完成したら、リングタイプなどに挑戦するのも良いでしょう。